お得に引っ越しをした体験談

会社の景気が思わしくなく、給料やボーナスのカットが続き、やむを得ず賃貸アパートから、県営の団地に引っ越しました。
引っ越しをするまでには様々な準備がありましたが、一番の問題点は、いかに安く引っ越しを完了させるかでした。とりあえず、メジャーな引越し業者から見積もりを取ったものの、直ぐに用意が出来る金額ではありませんでした。とはいえ、新居はエレベーター無しの5階。自力での引越しは難しいと判断し、某大手引越し業者に、大型家電と家具のみを運んでもらう事にしました。家電と家具のみの依頼だった為、引越し料金は2万円と大変格安でした。残りの家財は、全て自分で運びました。大変な重労働でしたが、無事に引越しを完了させる事ができました。荷物が少なく、新居までの距離が近ければ、大型家電と家具だけを業者に依頼すれば、安く引越しをする事ができます。賃貸アパートを引き払った後に、敷金が返ってきたので、液晶テレビを買う事ができました。

<オススメサイト>
最も安い!引越し見積もりのコツ・・・サカイほか引越し210社/無料見積もり比較して最大《半額》に!10年の実績

引っ越しが多かった子供の体験談

親の仕事の都合で、引っ越しが多く義務教育中に5度の転校を経験したのですが、
大人になっている現在も困っている事があります。
その地域地域によって、学業の進め方というのは一定でないらしく、とある地区では
現代を知るのには、歴史をさかのぼっていこうという考え方で、歴史を学ぶのに
現代→戦後・戦時中・昭和初期→明治大正→幕末…という教え方をし、転校先では
古墳時代から教えていくというやり方の授業をしていたおかげで、私のその時代の
社会授業の記憶は1学期昭和初期まで、転校先での2学期は室町時代からとなってしまい
古墳や平安時代を教わらないまま、大人になってしまいました。勿論これは
一例で、他の授業内容に関しても似たような事が色々あります。
家族は離れて暮らすのがよくないというポリシーで、単身赴任をしない方も多いと
思いますが、せめて引っ越しは年度末などにして、区切りよい学校移動を
してあげて欲しいという、引っ越しが多い子供時代をすごした人間の体験談です。

小学生時の引っ越し体験談

人生の中で一度も引っ越しをしたことがない人は少ないと思いますが、学生時代の、入学卒業以外の時期での引っ越しとなるとどうでしょうか?筆者の体験談ではありますが、

小学低学年における学期中の引っ越しは自分の世界が丸ごと変わってしまう大事件でした。
私は小学二年生の冬に本州から北海道への引っ越しを経験したのですが
気候も周囲の人柄も違えば、授業の進み具合まで大きく違っていました。

子供のため新しい環境に慣れるのは比較的早かったと思います。
幸い授業は前にいた学校の方が進んでいたため、しばらくは復習のつもりで授業を受けることができました。
しかし、小学校高学年だった兄は思春期に差しかかる時期でもあったため、
クラスの特に女子になじめず苦労をしていたと母から聞いたことがあります。

越す時期が自由なのであれば、
保護者が学業の邪魔にならないよう、学期始めなどに日程を調整すべきですが
仕事の都合による引越しであれば、子供も含め従うしかありません。

引っ越しは保護者にとっても大きなイベントでしょうが、
その前後には子供の抱えるストレスを
よく話し合うなどして軽減させる気遣いをしてあげましょう。

々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

格安で県外に引っ越した体験談

今までの人生の中で、5回引っ越しをした経験があります。独身の時に3回、結婚後に2回です。独身時代は一人暮らしで、新居も近くのところばかりだったので、割と安く簡単に引っ越しをする事ができたのですが、やはり結婚後の引っ越しは大変でした。当然荷物が増えている分、引っ越しにかかる費用も倍以上でした。結婚後最初の引越しは、県外への引っ越しだった為、貨物鉄道を利用しました。夫婦二人と子供1人分の荷物といえど、かなりの量でした。その為、複数の業者から見積もりを取りましたが、40万円が相場でした。なんとか安く引っ越しが出来ないかと思案していたところ、親戚に宅配便業者に勤務をしている人がいたので、相談をしたところ、社員価格で宅配便扱いにしてもらう事ができました。その結果、数万円で引越しをする事ができて、経済的に大変助かりました。引越しには、かなりの費用がかかるので、安く済ませ新居で購入する物にお金を充てるのが良いでしょう。